東京療術学院の介護職員初任者研修 受講の流れ

東京療術学院

東京療術学院のスタートは、スクーリング(実技)初日の「職務の理解」の受講です。
初回の「職務の理解」に欠席すると、全ての講座が受講出来なくなるので、十部に注意がひつようといえます。

通学学習(スクーリング)、通信学習を終え、修了試験に合格したら、初任者研修の終了となります。
スクーリング(対面授業)では、車椅子やベッドなどを使用した演習を行います。

スクーリングの日程、通信課題の提出スケジュールは、あらかじめ決められているので、これらを守って学習を進めてください。
全ての日程の出席と、期日までの通信課題提出をお願いしています。

介護職員初任者研修は短期集中で!

東京療術学院の介護職員初任者研修講座は、短期間で取得することができます。
介護関連事業が広がる中、資格を取得していれば即戦力として、更に就職が有利になります。

また、東京療術学院の講座は、毎週水曜日のみの通学で、ダブルスクールの方でも楽々取得することもできます。